saturday shamrock

saturday shamrock

シャムロックストリートライブ

悠情(フィドル)、山下力哉(ピアノ&ギター)

悠情(フィドル)、山下力哉(ピアノ&ギター)

愛知県岡崎市出身。3歳の頃、60~70年代フォークの好きな父親の勧めでヴァイオリンを始め、後、16歳の頃ロックドラムを始める。後にジャズ、フュージョンなどのバンドのドラマーとして、名古屋、関東で活動。ヨーロッパ各国を訪れ、ヨーロッパの自由な音楽感を目の当たりにし影響を受ける。そして、アイリッシュフィドルの世界に出会い、ミニマル音楽を研究し始める。現在は、自身のアンサンブル「悠情楽団」を中心として、有名アーティストとのコラボレーションや異種アーティストとの共演も多く、芝居、ミュージカル、レコーディング、コンサートサポート、プロデュースとしても活動している。ブルーノートなどの有名ライブハウス、コンサートホール、ディナーショーなどに出演。活動は全国に及ぶ。CDアルバム6枚リリース。

山ぼうし

山ぼうし

風景を奏でる山ぼうし

みしゅるみん

みしゅるみん

ギターとフルートでゆるゆるふわふわアイリッシュ。

Kumamoto×Okumura

Kumamoto×Okumura

熊本 明夫(フルート、イーリアン・パイプス、ウィスル奏者)
アイルランド、アメリカのパブセッションを巡り歩いてアイルランド音楽のレパートリーを習得し、現在、関西各地でセッションホストを務める。主催ユニット「猫モーダル」での活動のほか、関西のミュージシャンによるコンポレーションアルバム「ケルトシットルケ」シリーズや、同人音楽集団「FloatingCloud」の録音作品にも参加。

奥村 智(アイリッシュ・ブズーキ、ギター奏者)
10代の頃から「生活の中に音楽が寄り添う」フィールドフォークの演奏家に影響を受けて育つ。U20ラグビー世界選手権、上海万博アイルランド館で招致演奏等で演奏。現在は、様々なアイリッシュミュージシャンの伴奏者として活動しながら、アイルランド音楽のイベントの企画に携わる。

シャムロックページへ

シャムロックページへ