Slider

読む秋、描く秋、食べる秋、メイド・イン・ジブン。創作の秋。

ハンドメイドの雑貨、ファッション、アクセサリー、アート、ワークショップ、ライブなど、クリエーターによる個性溢れるのお店が名古屋最古の商店街と一体化。


Craft Marche in Endojihonmachi

人と人、モノとモノ、人とモノがオフラインで繋がるよろこび。

section2

円頓寺本町商店街について

円頓寺・円頓寺本町・西円頓寺商店街は名古屋でも最も古い商店街として、また大須と同様に円頓寺の門前町として庶民に親しまれた街です。 歴史は江戸時代までさかのぼり「清洲越」によって城下町が造成され、明治20年代に円頓寺に商店街が形成、新しい円頓寺という意味で「新円」と呼ばれ、東に「まけんどう」という店が立てば、西に「まからんどう」という店が立つほどに、東と西は良きライバルとして発展しました。その後、「円頓寺本町発展会」が公認され、新たに「円頓寺本町商店街」として歩み始めたのが昭和11年のお話です。昭和20年の名古屋大空襲で商店街一帯が全焼し「これではならぬ」と持ち前のパワーで5年後に復興を成し遂げ、昭和27年には見事戦前と同じ賑わいと活気を取り戻しました。その当時と同じお店が今でも数多く存在し、名古屋下町の人柄と昭和時代の懐かしい雰囲気を残しています。年間を通してイベントも開催されており、中でも毎夏に開催される円頓寺・円頓寺本町の両商店街の共同主催による「七夕まつり」は、昭和30年代から続く歴史ある祭りです。商店主、地域の企業や子どもたち手作りの七夕飾りがアーケード内を彩り、延べ約10万人が訪れます。

クラフトマルシェへの思い

名古屋城西側の地域には、名古屋友禅や名古屋扇子などの伝統技能を始め、お菓子メーカー、菓子問屋街、四間道や円頓寺商店街、美濃路などの歴史的な財産、近代産業の発祥地など「ものづくり」と関係する文化が存在し、その面影を残すエリアを「ものづくり文化の道」と呼び、名古屋駅から最も近い観光エリアとなっています。この数年、新しい息吹が吹き込まれ、新旧交代しつつあるこの「円頓寺本町商店街」という場所で、つい忘れてしまいがちな手仕事の温もりに感動し、一期一会を堪能し、温故知新をあらためて知る。そこに行くと「何かが生まれ」「なんとなくホッと」する気持ちになれる「家」のような存在であり続けたいという思いから始まりました。
昨年2015年に産声をあげ、予想以上のご好評をいただき2016年の今年、第2回目を開催することとなりました。ヨチヨチ歩きの二歩目です。

江川線から西で「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」が、
東で「円頓寺秋のパリ祭 」「四間道秋祭り」が同日開催!!!

名駅でも栄でも大須でもない街でユニークな秋の一日を過ごしてみる絶好の機会です。

section3

出展者一覧

クラフトマルシェ出展者の紹介一覧です。

*** 出店者募集は7/15を持って締め切りました ***

CONCERTS

クラフトマルシェのライブに出演するアーティストの紹介一覧です。

STREET MUSIC

クラフトマルシェのライブに出演するアーティストの紹介一覧です。

Access

円頓時本町商店街
〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野ニ丁目

INFO

円頓時本町商店街

お問い合わせ

クラフトマルシェin円頓寺本町実行委員会
〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野ニ丁目8ー9

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ内容