メイド・イン・ジブン オモシロきモノがなき世はコシラエル

ハンドメイドの雑貨、ファッション、アクセサリー、アート、ワークショップ、ライブなど、クリエーターによる個性溢れるのお店が名古屋最古の商店街と一体化。


Craft Marche in Endojihonmachi

人と人、モノとモノ、人とモノがオフラインで繋がるよろこび。

円頓寺本町商店街について

円頓寺・円頓寺本町・西円頓寺商店街は名古屋でも最も古い商店街として、また大須と同様に円頓寺の門前町として庶民に親しまれた街です。 歴史は江戸時代までさかのぼり「清洲越」によって城下町が造成され、明治20年代に円頓寺に商店街が形成、新しい円頓寺という意味で「新円」と呼ばれ、東に「まけんどう」という店が立てば、西に「まからんどう」という店が立つほどに、東と西は良きライバルとして発展しました。その後、「円頓寺本町発展会」が公認され、新たに「円頓寺本町商店街」として歩み始めたのが昭和11年のお話です。昭和20年の名古屋大空襲で商店街一帯が全焼し「これではならぬ」と持ち前のパワーで5年後に復興を成し遂げ、昭和27年には見事戦前と同じ賑わいと活気を取り戻しました。その当時と同じお店が今でも数多く存在し、名古屋下町の人柄と昭和時代の懐かしい雰囲気を残しています。年間を通してイベントも開催されており、中でも毎夏に開催される円頓寺・円頓寺本町の両商店街の共同主催による「七夕まつり」は、昭和30年代から続く歴史ある祭りです。商店主、地域の企業や子どもたち手作りの七夕飾りがアーケード内を彩り、延べ約10万人が訪れます。

クラフトマルシェへの思い

名古屋城西側の地域には、名古屋友禅や名古屋扇子などの伝統技能を始め、お菓子メーカー、菓子問屋街、四間道や円頓寺商店街、美濃路 などの歴史的な財産、近代産業の発祥地など「ものづくり」と関係する文化が存在し、その面影を残すエリアを「ものづくり文化の道」と呼び、名古屋駅から最も近い観光エリアとなっています。長い年月「おかえり」「ただいま」を繰り返し、会社員となった元こども達と同じ会話が未だに出来る場所。それが下町商店街ならではの良くも悪くも醍醐味です。商店の人々にとっては生まれ育った「家」だからこそ生まれる不思議。この数年、あったはずの古い建物が無くなったり新築されたりと景色も変化し、モノもヒトも世代交代中の「円頓寺本町商店街」という場所で、つい忘れてしまいがちな手仕事の温もりに感動し、一期一会を堪能し、温故知新をあらためて知る。そこに行くと「何かが生まれ」「なんとなくホッと」する気持ちになれる「家」のような存在であり続けたいという思いから始まりました。つくる人のための手作りイベント「クラマル」は2015年に産声をあげ、予想以上のご好評をいただき2017年の今年、第3回目を開催するはこびとなりました。ヨチヨチ歩きのニ歩目から転びながらも走ります。

江川線から西で「クラフトマルシェ in 円頓寺本町」が、 東で「円頓寺秋のパリ祭 」「四間道秋祭り」が同日開催!!!

名駅でも栄でも大須でもない街でユニークな秋の一日を過ごしてみる絶好の機会です。

2017年11月11日(土)・12日(日)に開催!

ただいまサイトに掲載する出展者及び出演者情報を作成中です。詳細はもう暫しお待ちください。

Access

円頓時本町商店街

〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野ニ丁目


FAQ

よくある質問


A:1ブースあたり1.8m x 1.8m です。
A:【基本両日出店】1ブース1日6,000円×2日=12,000円です。11月11日(土)、12日(日)両日出展できる方のみの募集となりますので2日分の出展料となります。※1日ずつのシェア、合同出展する場合などは申込フォーム備考欄にその旨お書き添えください。 【日曜限定出店】10,000円 ※日曜日のみ定休日のお店の前での出店となるためブース少数の限定枠です。
A:はい、使用可能です。電源のご利用を希望される場合は、申込みフォーム内に選択欄がございますので併せてお申込み下さい。オプション料金2,000円(日曜限定出店1000円)
A:写真は横向きで、サイズは、なるべく大きなサイズのものを添付してください。小さ過ぎるとエラーとなります。(推奨サイズ:横1920px x 縦1080px, 推奨比率:16:9 or 4:3) 色々頑張ってもアップ出来なかった場合は問合せフォームよりご連絡くださいませ。
A:出展者管理の都合上難しいです。お手数かと思いますが、2017年版の申込フォームへ改てご入力お願いします。
A:はい、ございます。本イベントは「メイド・イン・ジブン」とあるように、プロ、アマを問わず、その「アイテム」や「作品」 について実質的な変更や創造性をもたらしているのが「ジブン=原産国が出展者」となる人々の祭典です。出展は、オリジナルアイテムや表現であることが条件 となります。「出品内容がわからない」「オリジナリティが低すぎる」「企業や団体の宣伝が目的」など、本イベントの主旨に沿わないと判断した場合はご出展 をお断りする場合がございます。 ※ 市販の大量生産品・他人の版権物等のご出展もできません。ご理解いただけますようよろしくお願いします。
A:ブースオーバーとなった場合、申込時の自己紹介文や作品画像、ホームページやブログなどの情報と商店街でのイベントらしいユニークなバランスも意識して選考します。幅広いジャンルで、和・洋を問わず、老若男女のテンションが上がる作品が集まるのが理想的です。
A:選考に通らなかった理由についてのお問合せは答えにくいのでご遠慮ください。
A:手作り食品の出展に関しましては、事業所もしくは実店舗経営をなされており、保健所の許可のある場所で作られた製品で、 包装(袋詰め)され、表示のあるものの販売でしたら出展可能です。ただし、食品販売出展は業種や出展数を制限しておりますので、予めご了承下さい。事業所 の有無、出品の形態を申込フォームに詳しくご記入のうえお申し込みください。
A:原則的にはできませんが、火気・消防申請を行い、許可された場合は可能です。
A:はい、できます。オリジナルの加工が施されており、オリジナル性が高いものであれば出展可能です。既存の商品、市販の商品に少し手を加えた程度の「実質的な変更や創造性を加えていない」アイテムの出品はご遠慮下さい。
A:ブースの場所をお選びいただく事は出来ません。ブースの場所については事務局にて決定させていただきますことを予めご了承下さい。ただし、ご友人と隣同士にブースを設置したい場合など、できる限りご相談に応じますので、他出展者とのブースの隣接を希望される場合は、事前に申込フォームの備考欄へご記入下さい。その他のご相談は事務局までご連絡下さい。
A:はい、できます。CMEの趣旨に添っていれば、1ブースをシェアしたり、1日ずつでシェアしたり、2ブースを複数人でシェアするなど出展しやすいような申込み方をして下さい。申込フォームの自己紹介欄がございますので出展メンバーや出品内容をご記入下さい。
A:はい、出来ます。キャンセル待ちをご希望される場合は、申込みフォーム内に選択欄がございますので併せてお申込み下さい。キャンセルが発生した場合に限り、順次ご連絡させていただきます。
A:キャンセルは可能ですが、一度お支払い頂いた出展料はご返金する事が出来ません。予めご了承下さい。
A:ブースは床がテープマークで仕切られているのみとなっております。出展者さまの趣向を凝らしたブースづくりを自由にしてください。壁や椅子・テーブルなどは各自ご持参ください。
A:ございません。お荷物等は各自のブース内で自己責任において保管して下さい。
A:はい、音楽を流すことはできます。が、他の出展者さまやご来場のみなさまが不快にならない優しい配慮をお願いします。クレームがあった場合、事務局より注意や停止のお願いをする事もございます。予めご了承下さい。
A:商店街アーケード内でイベントですので出来ません。名駅界隈ですので駐車場の確保を念頭に置いての搬入をオススメします。特別な事情がございます場合はCME事務局にご相談下さい。
A:搬入はイベント当日の8時30分(予定)から可能です。時間前からの搬入をご希望の場合は、事前に事務局までご相談下さい。
A:脚立、台車を始めとした、搬出入に関する備品は用意しておりません。各自にてご用意下さいますよう、お願いいたします。
A:出来ません。屋根はあっても屋外ですので当日ごとに搬入、搬出となります。搬入、搬出しやすいようなブースレイアウトを創意工夫してくださいますよう、よろしくお願いします。
A:事務局ではお荷物の保管は承っておりません。
A:原則的には問題ございませんが、出展者によっては撮影をご遠慮いただいている場合もございますので、撮影前に事前にご確認いただきますよう、お願い致します。なお、会場風景やCMEの装飾物についての撮影は問題ございませんので、ご自由に撮影下さい。
A:近辺にに有料駐車場はございますが、不足や混雑が予想されますので公共交通機関での来場をおすすめします。名古屋、国際センター、丸の内などが最寄り駅でございます。くわしくはACCESSメニューをご参照下さい。
A:事前に事務局の許可無く、会場内にて宣伝、営業行為を行う事はご遠慮いただいております。なお、悪質な場合は退場していただく場合がございますので、予めご了承下さい。なお、宣伝行為等を行いたい場合は、事前に事務局までご相談下さい。

INFO

円頓時本町商店街


お問い合わせ

クラフトマルシェin円頓寺本町実行委員会
〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野ニ丁目8ー9
必須
必須
必須
必須

主催&サポーターズ

なくてはならない縁の下の力持ちです。


主催:円頓寺本町商店街振興組合

主催:クラフトマルシェ円頓寺本町実行委員会

主催:名古屋学院大学

実行委員:飯田洋服店

HP作成:zeroichi works

デザイン:JAMedworks

名古屋タイムズアーカイブス委員会

ショップネット